うつ病治療には病気について理解を深める事が大切

気になるうつ病情報
頭を抱える男性

身体的な症状

一般的に、心の病というイメージが強いため、身体的な症状が見落とされがちなのがうつ病です。身体的な症状を知ることで早期発見や予防にも役立つので日頃からチェックしておくようにしましょう。

詳しく読む

理解する

カウンセリング

近年、精神的な病気にかかる人が増えてきており、社会的な問題になってきています。その中でも特に有名なのがうつ病です。これまでは、それほど問題にされていなかった病気ですが、最悪の場合死に至る恐ろしい病気ですので、この機会にどのような病気なのか勉強しておきましょう。
まず、うつ病という病気は今まではきちんとした病気とは認識されてきませんでした。「甘えているだけ」「我慢が足りない」などと言われ、まともな病気という認識がなかった為に、症状が悪化するケースが多かったのです。しかし、最近ではそのようなイメージも薄れつつあります。若い人達を中心に立派な病気だという認識が深まり、早期に治療できる人も増えてきていますが、まだまだ世間に理解してもらえているとは言えないでしょう。基本的にこの病気は心のエネルギーが不足することで発症します。心を健康に保つことができなければ、次第に身体の方にも悪い影響が現れるのです。具体的に、人は落ち込んだりすると個人差がありますが、すぐに立ち直ることができるでしょう。これは心のエネルギーが十分足りている為です。しかし、この心のエネルギーが足りていないと、落ち込んでいる状態から中々立ち直ることができません。このように気分が落ち込んだ状態が続いてしまうと、感情のコントロールができなくなり塞ぎ込んでしまします。人の感情をコントロールしているのは脳と言われており、うつ病は脳の病気であると理解する必要があるでしょう。このように脳の病気だというふうに捉えると、この病気についての理解も用意になるはずです。また、病気は気からと言いますが、身体の調子と心の調子はリンクしています。心の調子が悪いと、自然と身体の方も調子が悪くなってしまうのです。例えば、気分が落ち込んでいる場合には、身体もだるくなってしまうといった症状が出るでしょう。このような症状が出ると、上記で説明したように「甘え」や「心が弱いだけ」などといったことを言われますが心が正常であれば気分が落ち込み続けることはありません。どうしても、エネルギーが足りないと、正常な状態に回復することができなくなるのです。これは、燃料の入っていない車が動かない事と似ています。
一般的に、うつ病は物の捉え方次第で回復する病気というイメージがありましたが、実際は違います。身体や心の機能が正常ではない状態ですのでそう簡単には治すことができないのです。本人はともかくとして、周りの人間も立派な「病気」だということを理解しなければうつ病の治療は難しいと言えるでしょう。この病気は患者1人で治せるような甘い病気ではありません。周りからのサポートが必要不可欠なのです。基本的には専門の医療機関で治療します。しかし、一度完治しても生活環境や職場環境などが以前と変わらなければまた再発する可能性は十分あるでしょう。この病気の大きな原因はストレスと言われています。周りの人が協力して患者にストレスを与えないような環境を作ることも、うつ病治療には大切なポイントなのです。周りにそのような人がいる場合はストレスを溜めていないか注意しておくと病気の予防や改善に役立つでしょう。

医者

治療法

うつ病という病気は、完治が難しい病気と言えるでしょう。この病気の治療には3つの段階を踏んで行います。周りからのサポートも大切ですが、一番注意したいことは医師の言うことをよく聞くことです。

詳しく読む

ハート

症状を把握する

うつ病の症状としては、心の症状と身体の症状があります。身体の症状については周りの人間も気づきやすい場合が多いですが、心の症状は中々気付くことができません。日頃から注意しておきましょう。

詳しく読む

男性

思考力の低下

うつ病の患者の場合、思考力の低下などが見られるようになります。思考力が低下することで、取り留めのない妄想を続けることがあり、自分に悲観的な考え方をするようになるので注意しましょう。

詳しく読む

レディ

めまいや腸内環境の悪化

うつ病の場合、心と身体に様々な症状が現れます。その中でも身体に現れる症状の場合、別の病気と勘違いしてしまうことも多いので注意しましょう。原因が分からない場合は心療内科を受診するのが適切です。

詳しく読む